BESTビジネス 3年無償ホームページのご利用はこちらから
今週のことわざ
東日本大震災に関する国等の復興支援策
病医院の新規開業・経営改善は当事務所におまかせください。

内藤社労士事務所

ハッピーだより
業務内容
税制優遇制度

最新情報

「社会保障と税の一体改革」関連の法案が8月10日、衆議院本会議で可決・成立しました。

法案の中の主な3つ挙げます。

①老齢基礎年金の受給資格期間を現行の25年から10年に短縮する。

(平成27年10月から施行)

②1週間の所定労働時間が20時間以上であり、かつ、月額賃金が8万8,000円以上である勤務期間1年以上の短時間労働者は、従業員が常時500人以下の事業所に使用される者を除いて厚生年金保険および健康保険の被保険者とする。なお、学生は適用除外。

(平成28年10月から施行)

③産前産後休業期間について、事業主および被保険者の厚生年金保険料を免除する。

(平成26年4月30日以降に産前産後休業が終了となる方が対象)

ハッピーだより

最新号

バックナンバー


※高齢受給者(70歳~74歳)の方の医療費の窓口負担が見直されました。 

70歳から74歳までの健康保険被保険者・被扶養者の方が窓口で支払う医療費の一部負担金の割合は、平成18年の法改正により平成20年4月から2割とされていましたが、軽減特例措置によりこれまで1割となっておりました。しかし、この軽減特例措置により70歳から74歳の方の負担が前後の世代に比べて低くなるという状況があり、より公平な仕組みとするため平成26年度から見直すこととなりました。
なお、高額療養費の負担限度額はいままでと変わりません。

※高額療養費は平成27年より改定予定です

※高齢受給者・・・健康保険被保険者・被扶養者のうち、70歳以上75歳未満の人を高齢受給者といいます。(75歳の誕生日以降は後期高齢者医療の被保険者となります。)

平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方(誕生日が昭和19年4月2日以降の方)

70歳となる誕生月の翌月の診療から窓口負担の割合が2割になります。例えば、平成26年4月2日~5月1日に70歳の誕生日を迎える方(昭和19年4月2日生~昭和19年5月1日生の方)は、平成26年4月まで3割負担、平成26年5月から2割負担になります。

平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎える方(誕生日が昭和19年4月1日までの方)

引き続き軽減特例措置の対象となるため、平成26年4月1日以降も75歳に達するまで窓口負担は1割または3割のまま変わりません。

高齢受給者(70歳~74歳)の窓口負担

現行(H26.03まで)

標準報酬

月額

窓口負担

28万円

以上

3割

28万円

未満

1割

H26.04から

昭和14年4月2日~

昭和19年4月1日生

昭和19年4月2日以降生

標準報酬

月額

窓口負担

標準報酬

月額

窓口負担

28万円

以上

3割

28万円

以上

3割

28万円

未満

1割

※満75歳に

達するまで

28万円

未満

2割

※70歳に到達する日の属する月の翌月以後の診察分から窓口負担等の割合が2割または3割になります。

 注意!   定年後再雇用者の被扶養者(妻など)の要件に注意!

被保険者の給料がダウンの場合、被扶養者(妻など)の年収は被保険者(夫など)の年収の※2分の1未満の要件があります。

※被扶養者の要件……

60歳未満130万円未満
60歳以上または障害者180万円未満

対象となる人の年収が130万円未満で、被保険者の年収の半分未満である時は被扶養者となります。ただし、対象となる人の年収が被保険者の年収の半分以上であっても①130万円未満で、②被保険者の年収を上回らない時は、被保険者が生計維持の中心的役割を果たしていると認められる場合には被扶養者となることができます。
被保険者と別居している場合には対象となる人の年収が130万円未満で、被保険者からの仕送額より少ない時に被扶養者となります。

※年収(年間収入)とは、過去における収入のことではなく、被扶養者に該当する時点および認定された日以降の年間の見込収入額のことをいいます。また、被扶養者の収入には、雇用保険の失業等給付、公的年金、健康保険の傷病手当金や出産手当金も含まれます。

※届出にあたっては、課税(非課税)証明書などの収入要件確認のための書類を添付します(所得税法の規定による控除対象配偶者または扶養親族となっている人の場合は事業主の証明があれば添付書類は不要です)。また、続柄や同居の確認のため、住民票などの添付が必要な場合があります。

詳しくは
平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方へ
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/dl/iryouhifutan-01.pdf

高額療養費制度を利用される皆さまへhttp://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/gairai_sinryou/dl/120110-02.pdf


今までトラブルのない会社でも・・・
 信頼している社員から突然、退職の意思表示を受けたり、反発的な態度が目立つことはないでしょうか?
 社員は仕事や職場の人間関係で悩んでいてもなかなか社長さんや上司に相談ができず、退職という結論を出してしまうこともあります。
 また、会社側も職場の雰囲気を察知していない状態で予期しない不満をぶつけられて困惑してしまうこともあります。

 当事務所が、会社に代わって社員と面談をします。
状況を把握し、解決方法を検討します。
定期的または、必要時に、社員、会社側とそれぞれ面談を行い両者の意見を早期に調整し、労使間のトラブル回避に努めます。
是非、ご相談ください。

STEP 01  社員さんがを何を考えてる?と思ったらご一報ください。

STEP 02  2者面談か、3者面談かを選択してください。

STEP 03  それぞれの意見を、それぞれにお伝えして、和解策を見出します。

【業務内容】1.社会保険手続全般

●健康保険・厚生年金保険・新規適用
●労働保険成立(労災保険・雇用保険)
●適用・給付に関する手続 等

面倒な労働社会保険手続きをアウトソーシングして、経費削減を考えてみませんか

2.年金相談全般(老齢・障害・遺族)

●年金加入歴照会
●裁定手続

年金をもらうためには、「どのような手続きが必要なのか」等のご質問、ご相談をお伺いし、お客様にとって一番有利なもらい方をご提案いたします。
また、年金をもらうためのお手続きの手伝いもさせていただきます。

3.労働相談

全ての社会保険労務士が、労務、労働問題に精通しているわけではありません。
近年、労使間トラブルも多くなってきました。問題がこじれてからでは修復も困難です。早目のご相談をお勧めします。

4.助成金申請

●中小企業緊急雇用安定助成金
●トライアル雇用
●若年者等正規雇用化特別奨励金
●特定求職者雇用開発助成金
●育児休業
●高年齢雇用継続給付
高年齢雇用継続給付とは …シュミレーション事例

今後助成金の見直しが多発します。
「自社で受給できる助成金を知りたい」という方は早目にご連絡ください。
当事務所で受給可能な助成金をご提案させていただきます。

5.就業規則の作成・変更

●賃金規定
●慶弔規定
●退職金規定
●その他の規定

就業規則の未整備が原因のためにトラブルが発生することがあります。
就業規則を作ることは、労使双方にメリットがあります。会社の意思を反映させた就業規則のご提案をさせていただきます。

6.求人・面接のサポート

●求人票提出・受付代行
●面接スケジュール調整
●採用面接同席
●採用面接会場の提供
●採用時の面接シートプレゼント
●採用面接に関するコンサルティング
●採用・不採用通知の郵送

お客様からの依頼により当事務所が受付窓口となり、面接のサポート、採用通知等の手続をお手伝いさせていただきます。
求職者・事業者双方のサポートをさせていただきます。
どうぞ当事務所を活用してください。


事務所(会社)様の発展を願い精進して参ります。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

産休中の保険料が平成26年4月から免除に

 平成24年8月に成立した『年金機能強化法』による年金制度の改正のうち、いくつかの改正点の施行時期が平成26年4月1日と決定しました。
その中に「産休期間中の保険料免除」があります。
 労働基準法では、会社に勤務する女性が出産する場合、会社は原則として、産前42日(6週間)、産後56日(8週間)は、基本的に働かせることを禁止しています。これを産前産後休業などと言います。
 産休期間中の給与が支払われるかどうかは会社によって異なりますが、仮に給与が支払われていなくてもその人は厚生年金や、健康保険の加入者なので保険料を支払わなければなりません。給与が支払われない場合は、産休期間は健康保険から出産手当金が支給され、育児休業期間は雇用保険から育児休業給付金が支給されます。育児休業期間については、以前から保険料免税制度がありましたが、産休期間の免除制度はありませんでした。
 平成26年4月1日以降は、産休期間中も厚生年金と健康保険の保険料が免除されます。
なお、免除されるには、会社が年金事務所などに申し出しなければなりません。保険料が免除されても年金額については免除前の給与に基づく保険料が納められたものとして取り扱われます。
 産休期間の保険料免除については、平成26年4月1日以後に産休に入る場合はもちろん、3月以前から産休を取っていた人も4月分(5月納付分)の保険料から免除されます。

詳しくはこちらhttp://www.nenkin-sr.com/pdf/sankyumenjyo.PDF

現行と改正後の保険料負担のイメージ

内藤社労士事務所トップページへ